仏塔(ストゥーパ) 鉄造彫金仕上げ

サイズ:奥行き3.5cm 幅3.5cm 高さ7.7cm

本作品は、珍しい鉄造製彫金仕上げによる仏塔です。

鉄製無垢ならではのハードな感触ならびに重厚感。

小ぶりで繊細、超絶なるバランス感覚、
細部も丁寧に造り込まれた手の込んだ秀作です。

本体表面の微細な研磨跡や薄い錆色なども、 趣深い風合いを醸し出しております。

仏教のエッセンスを凝縮した、
時空を越えた未来的デザイン。

ご信仰および、御供養のシンボルとして、
おすすめの逸品です。

また、パワーストーン等と組み合わせたり、
飾り方にもひと工夫。

素敵な瞑想ツールとしてご活用していただくのもよいでしょう。

素敵なオブジェとしてインテリアにもいかがでしょう。

「仏塔(ストゥーパ)」

釈迦の入滅後、遺骨(仏舎利)を納骨するために建立されたのが起源とされます。

当時、釈尊の遺骨を八つに分配し、
それぞれ建立されたとされ、釈尊亡きあと礼拝の対象として
仏教信仰の象徴的なものへと発展します。

その後、高僧の遺骨を納めてさかんに建てられるようになり、日本をはじめ、仏教国には様々な様式の仏塔が生まれました。

立体の曼荼羅ともいわれております。

あかい

{link]

Know More