■パーカーが98点を付けたブルゴーニュのトップ生産者 ■

モレ・サン・ドニに本拠地を置くジェラール・ラフェは、フランスではシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの最高の生産者の一人と言われてといわれ、あのパーカーから4ツ星を与えられ、『精力の魂』と言われたジャン・ラフェの息子で、2002年にドメーヌを引継いでいます。父の代から非常に恵まれた畑を所有し、樹齢の古い古木を多く所有していますが、多くのワインはネゴシアンに販売しているためドメーヌ元詰めは極僅かとなります。

深紅の薔薇、ハイビスカス、菫、プラム、ダークチェリーの重厚な香りとしっかりとしたボディとコクと複雑な果実味を持った、バランスの良いワインです。

所有する畑はクロ・ド・ヴージョに数区画あり、こちらのクロ・ド・ヴージョは樹齢25年~100年を使用、平均は50ー60年。

ラベルにヴィエーユ・ヴィーニュと記載のあるものは、所有面積0.2haで平均樹齢は100年と驚異的な樹齢の古さです。

Gerard Raphet / ジェラール・ラフェ

モレ・サン・ドニに本拠地を置くジェラール・ラフェは、フランスではシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの最高の生産者の一人といわれ、あのパーカーから4ツ星を与えられ、『精力の魂』と言われたジャン・ラフェの息子で、2002年にドメーヌを引継いでいます。

父の代から非常に恵まれた畑を所有し、樹齢の古い古木を多く所有しておりますが、多くのワインはネゴシアンに販売しているためドメーヌ元詰めは極僅かとなります。

2002年に代がかわってすぐの2003年にはあのロバート・パーカーから98点という稀に見る高得点を獲得し、一躍その名をとどろかせました。

えひめ

{link]

Know More