内容量:1000g
原産国:アメリカ
原材料:プラム
形態:袋入り
賞味期限:120日
保存方法:直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて密閉保存下さい。
開封後はどうぞお早めにご使用下さい。

「プルーン」は乾燥したプラムの事ですが、
種が入ったままで発酵する事なく乾燥できるプラムだけがプルーンと呼ばれます。
学名はPrunus domestica Linn.でバラ科サクラ属に属し、
フランス語のPruneは英語のplumを意味し、
英語のPruneはフランス語ではPruneauとなります。
プルーンの原種であるプラムの発祥は紀元前まで遡り、
カスピ海沿岸のコーカサス山脈地域が発祥の地とされています。
プラムはコーカサス地方が発祥の地ですが、フランスに持ち込まれたのは、
12世紀に十字軍の戦士がシリア遠征の際にダムソン(西洋スモモの一種、インシチチアスモモ)の木(種?)
を持ち帰ったためと言われています(この件については、諸説があります)。
持ち帰ったダムソンをロット・エ・ガロンヌ県のアジャン(Agen)という街にあるクレイラック大修道院
の修道士道が地場のプラムと交配させ、アンテまたはエンテ(Ente)プラムと呼ばれる新種のプラムを作りました。
このEnteは古いフランス語で「接ぎ木する」を意味するEnterを語源としています。
修道士達はこのアンテ・プラムを天日乾燥させると1年以上保存できる事に初めて気が付きました。
これが現在のプルーンの発明です。
ロット・エ・ガロンヌ県の湿っぱくて日がよくさす気候と土壌はアンテ・プラムの成育に申し分なく、
16世紀初頭には地域全域にまでプラム畑が広がっていきました。
地中海と大西洋を結ぶ世界遺産にもなっているミディ運河が1681年に開通した後、
アジャン市は乾燥したアンテ・プラムにその名を与え、アジャン・プルーンとしました。
ちなみにカリフォルニアに、このアジャンプルーンの苗木を持ち込んだのは、アジャン出身のペリエ兄弟でした。
ルイ・ペリエが1848年に金を求めてカリフォルニアに入りましたが、
結局夢破れて本職の植木職人に戻り、サンノゼに種苗場を開きました。
1857年にルイの兄弟ジャンとピエールが祖国から持ち込んだ幾つかの苗木の中に、
アジャンプルーンの苗木も含まれており、これを自生していたアメリカンプラムに接木し
、完成したのがダジャン種(d’Agen)です。「d’Agen」とは、アジャン(Agen)から来たという意味を持っています。
カリフォルニア・プラムが、現在のプルーンの主流となっている
ダジャン(d’Agen)種で、熱した時の外皮が綺麗な紫色、
果実の果肉が琥珀色という特長を持っています。
カリフォルニアの温暖な気候と水はけの良い肥沃な土壌に恵まれ、
プラム畑は着々と増え続け、現在では全米生産量の99%、
世界の生産量の70%をまかなうほどにまでなっています。
3月中旬から約1週間美しく香りの良い白い花を咲かせ、
畑一面を真っ白に覆います。
収穫に適した熱度まで上がったプラムの実は、
8月の中旬から9月上旬にかけ、ハーヴェスターと呼ばれる
自動揺さ振り機により木から落とされ、乾燥工場に運ばれます。
収穫されたプラムは生のままでは日待ちしませんので直ちに乾燥されてプルーンとなります。
ナチュラル・コンディションと呼ばれる水分21%程に調整された
プルーンの状態で保管され出荷を待ちます。
最近では技術の進歩により、半生状態のプルーンの製造や保存も可能になってきています。
プルーンはそのまま食されるだけでなく、ダイスカット、ペースト、
ピューレに加工されたものも含め、製菓・製パンや、
カレー、ソース、あんこ等加工食品用として、また保水剤として幅広く用いられています。

正栄食品 プルーン 種なし タネなし 種無し 種抜き プラム 業務用
無添加 添加物無 ドライフルーツ

あす楽は宅配便のみの配送になります。

プルーン
「プルーン」は乾燥したプラムの事ですが、
種が入ったままで発酵する事なく乾燥できるプラムだけがプルーンと呼ばれます。
学名はPrunus domestica Linn.でバラ科サクラ属に属し、
フランス語のPruneは英語のplumを意味し、
英語のPruneはフランス語ではPruneauとなります。
プルーンの原種であるプラムの発祥は紀元前まで遡り、
カスピ海沿岸のコーカサス山脈地域が発祥の地とされています。

プラムはコーカサス地方が発祥の地ですが、フランスに持ち込まれたのは、
12世紀に十字軍の戦士がシリア遠征の際にダムソン(西洋スモモの一種、インシチチアスモモ)の木(種?)
を持ち帰ったためと言われています(この件については、諸説があります)。
持ち帰ったダムソンをロット・エ・ガロンヌ県のアジャン(Agen)という街にあるクレイラック大修道院
の修道士道が地場のプラムと交配させ、アンテまたはエンテ(Ente)プラムと呼ばれる新種のプラムを作りました。
このEnteは古いフランス語で「接ぎ木する」を意味するEnterを語源としています。
修道士達はこのアンテ・プラムを天日乾燥させると1年以上保存できる事に初めて気が付きました。
これが現在のプルーンの発明です。
ロット・エ・ガロンヌ県の湿っぱくて日がよくさす気候と土壌はアンテ・プラムの成育に申し分なく、
16世紀初頭には地域全域にまでプラム畑が広がっていきました。
地中海と大西洋を結ぶ世界遺産にもなっているミディ運河が1681年に開通した後、
アジャン市は乾燥したアンテ・プラムにその名を与え、アジャン・プルーンとしました。
ちなみにカリフォルニアに、このアジャンプルーンの苗木を持ち込んだのは、アジャン出身のペリエ兄弟でした。
ルイ・ペリエが1848年に金を求めてカリフォルニアに入りましたが、
結局夢破れて本職の植木職人に戻り、サンノゼに種苗場を開きました。
1857年にルイの兄弟ジャンとピエールが祖国から持ち込んだ幾つかの苗木の中に、
アジャンプルーンの苗木も含まれており、これを自生していたアメリカンプラムに接木し
、完成したのがダジャン種(d’Agen)です。「d’Agen」とは、アジャン(Agen)から来たという意味を持っています。

カリフォルニア・プラムが、現在のプルーンの主流となっている
ダジャン(d’Agen)種で、熱した時の外皮が綺麗な紫色、
果実の果肉が琥珀色という特長を持っています。
カリフォルニアの温暖な気候と水はけの良い肥沃な土壌に恵まれ、
プラム畑は着々と増え続け、現在では全米生産量の99%、
世界の生産量の70%をまかなうほどにまでなっています。
3月中旬から約1週間美しく香りの良い白い花を咲かせ、
畑一面を真っ白に覆います。
収穫に適した熱度まで上がったプラムの実は、
8月の中旬から9月上旬にかけ、ハーヴェスターと呼ばれる
自動揺さ振り機により木から落とされ、乾燥工場に運ばれます。
収穫されたプラムは生のままでは日待ちしませんので直ちに乾燥されてプルーンとなります。
ナチュラル・コンディションと呼ばれる水分21%程に調整された
プルーンの状態で保管され出荷を待ちます。
最近では技術の進歩により、半生状態のプルーンの製造や保存も可能になってきています。
プルーンはそのまま食されるだけでなく、ダイスカット、ペースト、
ピューレに加工されたものも含め、製菓・製パンや、
カレー、ソース、あんこ等加工食品用として、また保水剤として幅広く用いられています。


?薄い


【送料無料】【中古】◎PT900/PT850 ダイヤネックレス D1.00 クロス レディース 女性 可愛い カワイイ かわいい おしゃれ オシャレ 価格見直し0711 【10%クーポン利用で1598円相当お買い得】送料無料 ウェーブ型オイルヒーター IWH-1210M-W アイリスオーヤマ 川口ひめこ

【Dr MONROE】ドクターモンロー シルバーメンズリング FC-137SE-SV2/ガーネット ぬるだけクリン 棒状洗浄剤 ×100本セット 【ab-1091426】【送料無料】 ウォッシャブル【送料無料】看護用移動シート&マット ラクラックス M64RK02【お取り寄せ】【郵便NG】

スイートテンダイヤモンド 正規品 天然ダイヤモンド ネックレス アリゼ プラチナ ゴールド pt900 レディース 女性 ペンダント プレゼント 誕生日 記念日 ギフトBOX ジュエリー 異物混入対策救急絆創膏!ブルーバンデージ 200枚入 Mサイズ×10箱 はやい

Know More

エキゾチック

{link]

Know More