サイズ:24.0cm
素材:クリスタル(人工水晶)
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

アルハンブラは構造的には一つの城塞都市であるが、異なる時代に建てられた様々な建築物の複合体であり、時代により、建築様式や形状などが異なっている。
その前半はムーア人王朝の、9世紀末イベリア半島南部を版図としていた後ウマイヤ朝末期の、アルカサーバと呼ばれる砦が原形であると言われている。
イスラム教徒がイベリア半島に進出する前8世紀初頭まで、この地は西ゴート王国の支配下にあった。711年、ウマイヤ朝の北アフリカ総督が武将ターリクに命じ、トレドまでを占領。その後数年で、イベリア半島全域がイスラーム圏となった。
この地に、最初に栄えたのが後ウマイヤ朝であるが、このときの都はまだコルドバであり、グラナダの丘の上には軍事要塞アルカサーバだけが建てられていた。
現在、アルハンブラの最も西の部分である。11世紀前半から、キリスト教徒の国土回復運動レコンキスタが本格化し、1085年にはトレド、1236年にはコルドバ、1246年にはセビーリャを陥れた。イスラム圏に残されたのは、グラナダを中心とするアンダルシア南部地方のみとなった。一方、アルハンブラ宮殿が大きく拡張されたのは、この時期に建国したイベリア半島最後のイスラム王国であり、グラナダを首都としたナスル朝(1238年 - 1492年)の時代に入ってからである。ムハンマド1世、および、その子ムハンマド2世が60年も歳月をかけ、水道を設置し、アルカサーバの拡張工事を行い、宮殿(14世紀に取り壊され、現在は残っていない)を造った。
その後も歳月と共に建物や塔が建築されていったが、大きな変貌を遂げるのは、ナスル朝の黄金時代を築いたユースフ1世とその息子のムハンマド5世の時代である
ムハンマド5世の時代には、城廊では、ぶどう酒の門(城廊のなかでは唯一アラベスク模様の装飾がある)、が造られた。

ライオンの中庭東側にある諸王の間には、10人のアラブ人貴族を描いた絵画がある
これは、初代のムハンマド1世から十代のアブー・サイードまでのナスル朝スルタンであるという説と、重臣が法廷を開いている場面であるという説があり、後者の説に基づき、「裁きの広間」とも呼ばれている。
ムハンマド5世没後、ナスル朝はおよそ100年間存続するが、新たな建造物はほとんど建てられなかった。1492年、カトリックのレコンキスタによってグラナダが陥落するとアルハンブラ宮殿にも一部手が加わった。
グラナダがキリスト教徒の手に渡った直後に、カルロス5世がこの地を避暑地として選び、カルロス5世宮殿を建設。(現在も未完成)、スペインにおける純イタリア様式の成功傑作と称されている。
宮殿の建設が始まり、モスクは教会へ変えられ、礼拝堂や修道院が建築されている。 アルハンブラ宮殿は 現在スペイン屈指の世界遺産であり カトリック教国であるが、現実にはスペインをスペインたらしめる数多くの文化がイスラムにその多くを負っている。
スペインを訪れるイスラム教徒たちは、このアルハンブラを他の誰にも増して特別な気持ちで見るという。
彼等にとってアルハンブラはイスラム=スペイン(アル=アンダルス)の象徴であり、イスラムの支配と信仰が砕かれてもなおスペインに残った輝かしい遺産なのである。

アラベスクはモスクの壁面装飾にある アラブの美術様式。動植物をもとに 連続幾何学模様を アラベスク芸術家達は 永遠 無限のパターンとして 表現している。
幾何学的文様の選択と整形・配列の方法は、人物を描くことを禁じるスンニ派のイスラム的世界観に基づいている(シーア派ではムハンマドを除いて描くことは認められている)。ムスリムにとってこれらの文様は、可視的物質世界を超えて広がる無限のパターンを構成している。
イスラム世界の多くの人々にとって、これらの文様はまさに無限の(したがって遍在する)、唯一神アラー(イスラムで言う無明時代では「アラート」という女神)の創造のありのままを象徴する。さらに言うなら、イスラムのアラベスク芸術家は、キリスト教美術の主要な技法であるイコンを用いずに、明確な精神性を表現しているとも言えよう。
アラベスク美術には2つのモードがある。第一は世界の秩序を支配する原理を表現している。
これらの原理は、物体を構造的にしっかりとしたものにし、さらに拡張することによって美しくする根本原理(つまり、角度そのものや、角度が作り出す静的なかたち、とくに三角形をつなぎ合わせたトラス構造)が含まれる。
第一モードにおいては、いずれの反復する幾何学形式も、それぞれに固有の象徴性を有している。たとえば、四角形は四つの等辺を持っているところから 、自然界の等しく重要な要素と考えられていた、「土」「空気」「火」「水」の四大元素を象徴する。
四大元素のどの一つを欠いても、物質的世界(四角形に円を重ねることで表現される)は崩壊し、滅亡してしまう。
第二のモードは、植物の動的な性格に基づいている。
このモードは、生命を与える母性(女性性)を表現する。又 連続幾何学模様を アラベスク芸術家達は 永遠 無限のパターンとして 表現している。

売り切れ 再入荷しました。
当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。
このお品も 去年の秋に 発注したお品です。

ラベルなし。本年作から 美観上 バカラの刻印のみ。

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者 バカラ

透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが 通電溶融のガラスに無い 深い重厚感をかもします。

ルイ15世の認可を受け パリから約400km東にある ロレーヌ地方のバカラ村(人口約5000人の村の働き手の半分が 美の創造の担い手)に、ガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。
1817年、本格的なクリスタル制作を開始 1823年のパリ国民博覧会では そのクリスタルの透明度の高さと繊細なカットの巧みさが認められ 金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の一流人士のご愛好は 枚挙に暇がありません。現在まで マキシム エリゼ宮など 世界の一流品の集まるところに クリスタルは バカラが 所を占めております。
今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの制作品です。
完璧のポリシーのもと、その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出ししているのでも 証明されています。















売り切れ 再入荷しました。
当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。
このお品も 去年の秋に 発注したお品です。

ラベルなし。本年作から 美観上 バカラの刻印のみ。

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者 バカラ

透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが 通電溶融のガラスに無い 深い重厚感をかもします。





速いです

{link]

Know More