天然石ルース/定番の形のラウンド・オーバルからハートやスクエアなど、サイズも種類豊富に用意致しております♪
天然石ルース/定番の形のラウンド・オーバルからハートやスクエアなど、サイズも種類豊富に用意致しております♪

lo-rzq-oc-050x070 天然石ルース ローズクォーツ オーバルカボション 約5x7mm 1個 裸石


サイズ
約 5x7mm

石の名前
ローズクォーツ

カット
オーバルカボション


注意事項
※天然のものですので、入荷時期や、サイズによって色合いは異なります。
※若干のインクリュージョンやクラックは天然の証ですので、ご了承ください。
※配送センター、工場、ともに在庫が無い場合、カット加工になりますので、お時間がかかる場合があります。
※天然石ルースに穴あけ加工なども承っておりますので、お気軽にご相談ください。




【当店のご紹介】

私たちジュエリーパーツ工房は、アクセサリー、ジュエリー、アクセサリーケース、ジュエリーケース、ワイヤーなどを取り扱い、
チェーン、ネックレス、ブレスレット、ピアス、リング、イヤリング、チャーム、レザーコード、などのアイテムを取り揃えています。
アンティーク商品やヴィンテージ風雑貨にも合わせやすく、セット商品やオリジナルの作家作品など、新作、春、夏、秋、冬、一点物など多数ご用意しております。

人気のターコイズなどの天然石も多く取り扱い、ルース(裸石)、大ぶりな原石の状態や、鉱石の状態でもバラ売りをしています。
シルバー、ゴールド、ガラスなど、彫金をする時に、心が浄化したり幸運を寄せるようなパワーストーン、タンブルをお探しの方、
ヒーリング効果、癒し効果、ご縁のお守り変わりにオススメな天然石をご用意しております。

ハンドメイドアクセサリー、ハンドクラフト、手作りアクセサリー、セルフアレンジに必要な金具やパーツやツール、
シルバーアクセサリー作りに必要な、シルバーチェーン、シルバービーズ、チェコビーズ、シルバーパーツ、
天然石アクセサリー作りに必要な、天然石ビーズ、天然石パーツ、
他にもストラップ作りや、スマホケースのデコ用商品、
オリジナルのタッセル、フリンジ、ハーバリウム、ボタン、リース、オーナメント、ステンドグラス、ヘアアクセサリー、刺繍、バッグ、リュックにも使える素材がいっぱいです。
アート現場で使える素材や材料も多くありますので、ワークショップ、ギャラリー、イベント、宝探し用の備品、景品など、資材用としてもお使い頂けます。
アクセサリーの収納ボックスも多くあり、きれいなディスプレイができ、おしゃれで、かわいい、ルースケースのご用意もあります。

クリスマス、ハロウィン用、時期により、福袋、セール、アウトレットを開催する場合もございます。
ランキング掲載商品もございますので、大切な方へのギフトやプレゼントにもいかがでしょうか。
10,800円で送料無料となり、メール便の対応もしています。
レディース(女性用)、メンズ(男性用)、キッズ(子供用)を対象としております。
結婚式、二次会など、ママコーデに。インスタ映えし、ディスプレイやインスタ背景にもいかがでしょうか?

商品撮影で使っている備品には、浅草橋、日暮里、蔵前、馬喰町問屋街、横山町問屋などで用意したものを使っています。


クォーツ水晶■QUARTZ■

日本語名:石英
石言葉:完璧・冷静沈着・神秘的
誕生石:4月(イギリス・フランス)
誕生日石:1月29日

<鉱物データ>
1.硬度・比重:モース硬度7比重:2.7
2.結晶:低温型:三方晶系高温型:六方晶系
3.成分・種類:化学式成SiO2 二酸化ケイ素(SiO2)が結晶してできた鉱物。六角柱状のきれいな自形結晶をなすことが多い。中でも、無色透明なものを水晶(英名:ロッククリスタル、rockcrystal)と呼び、古くは玻璃(はり)と呼ばれて珍重された。石英を成分とする砂は珪砂(けいしゃ・けいさ、英名:クォーツサンド、quartzsand)と呼ばれ、石英を主体とした珪化物からなる鉱石は珪石と呼ばれる。石英の非常に細かい結晶が緻密に固まっているものを玉髄(ぎょくずい、英名:カルセドニー、charcedony)といい、混合不純物によって、紅玉髄(べにぎょくずい、英名:カーネリアン、carnelian)、緑玉髄(りょくぎょくずい、英名:クリソプレーズ、chrysoprase)、瑪瑙(めのう英名:アゲート、agate)、碧玉(へきぎょく、英名:ジャスパー、jasper)などと呼ばれる。*水晶には色、含有物などにより、様々なバリエーションがある。

黒水晶英名:モリオン、morion
色:こげ茶~黒
特徴:色の濃い煙水晶との区別は、結晶構造が破壊されたもの、表明に透明感がないもの、と言われることもあるが、明確な定義はない。アメジストに放射能照射をして着色することが可能。

レモン水晶英名:lemonquartz
色:黄
特徴:結晶の間に入り込んだ硫黄により黄色に色づいた水晶を指し、結晶内部から発色する黄水晶とは区別される。

緑水晶英名:プラシオライト、prasiolite
色:緑
特徴:内部の微細な角閃石(かくせんせき)などにより発色。

蜜柑水晶(おれんじすいしょう)英名:タンジェリンクォーツ、tangerinequartzまたはマンダリンクォーツ、mandarinquartz

ミルキークウォーツ英名:milkyquartz
色:乳白色
特徴:水晶中に含まれるアルミニウム等の影響により、白っぽく色づいたものを指す。スター効果を示すものもあり、そのようなタイプはジラソルとも呼ばれる。これは内部に規則的に並んだ針状結晶に光が反射して起こる現象。

内包物(インクルージョン)を含んだり、結晶の形が変わって見えるものを変わり水晶といい、抱有物によるものと、形態によるものに大別される。

タイガーズアイ英名:tiger’seye
特徴:ブルーアスベスト(青石綿-クロシドライト)に石英が染み込んで硬化した混合石。

ススキ入り水晶ルチル・クォーツの一種
特徴:結晶中に電気石を始めとする柱状の鉱物が内包されたもの。水晶の中に苦土(くど)電気石などの柱状の鉱物が含まれていて、それがかすかに緑色になって、本当のススキのように見えるのでこの名称がついた。

水入り水晶英名:エンハイドロクォーツ、enhydroquartz
特徴:結晶中に液体が閉じ込められたもの。閉じ込められた液体は、水晶の成長当時の環境を保存していると考えられている。

山入り水晶英名:ゴーストクォーツ、ghostquartzまたはファントムクォーツ、phantomquartz
特徴:結晶中の一部分にだけ色の付いた不純物を含むものを指し、不純物と結晶との境目があたかも山のように見えることからこの名がついている。通常の山入り水晶の内包物は白色だが、緑色の場合もあり、こちらはグリーンファントムと呼ばれる。

椎茸水晶英名:セプタークォーツ、scepterquartz
特徴:先に晶出した水晶の先端に外側の結晶が大きく成長し、まるでキノコのような形になったもの。

日本式双晶英名:Japanesetwinquartz
特徴:二つの結晶が、双晶面として84°33′の角度でハート型を保ったまま接合したもののこと。双晶としては他にブラジル式、ドフィーネ式、エステレル式などが存在するが、その形態や名称からか日本式双晶の知名度が高い。

両錐水晶英名:ダブルターミネイティッドクォーツ、doubleterminatedquartz
特徴:結晶の両端の錐面ともに母岩に接さずに成長し、結晶成長が阻害されず模式の結晶形態に近い形態を表したもの。アメリカのニューヨーク州ハーキマー地区からのみ産出する、両錘水晶は特にハーキマーダイヤモンドと呼ばれる。無加工の状態でも美しく、その希少性から人気がある。

4.産出地:ブラジル、南米、ネパール、インド、アメリカ、中国、スイス他ヨーロッパ日本の山梨県北部、甲府市近郊の金峰山一帯にはかつて、武田氏の治世の金山に端を発するという幾つもの水晶鉱山が存在し、明治に入り近代化が行われた後には工学ガラスや珪石資源として盛んに採掘された。ただ、国内で今日稼働している水晶鉱山は無い。
5.色:無色(紫、黄、黒などもある)
6.性質・特徴:石英は二酸化ケイ素結晶の多形の一つで、高温573℃で三方晶系の低温型石英から六方晶系の高温型石英に転移する。水晶は、代表的な圧電体であり、圧力が加わると電気が発生する。その性質を利用して、初期のレコードプレーヤーのピックアップに遣われた。また、現在この圧電性は、時計の水晶発振器として最も活用されている。
7.由来など:現在、日本国内では、先の尖った六角柱状の結晶を水晶と呼び、塊状のものを石英と呼んでいるが、本来は反対であった。水晶の英名クリスタル(crystal)は、ギリシア語のKryos(クリオス=氷のように冷たいの意)に由来し、ローマ時代の博物学者プリニウスは「水晶の正体は氷である」と述べている。やがてヨーロッパでは、クリスタルは水晶だけではなく、透明で美しい形状の鉱物に対しても使われるようになり、現在は水晶以外にも透明で先の尖った六角柱状の結晶の意味に使われている。一方、「クォーツ」という言葉は16世紀に生まれたと言われ、もとは金属鉱脈を横切っている無用な石英脈を意味するドイツ語であった。現在、塊状の石英はクォーツ(quartz)と呼ばれている。日本で最初に水晶に関する記述が掲載された書物は平安時代の薬の本で、紫色は高貴な色とされていたため、薬草と混ぜて、不老長寿の薬として微量の紫石英が服用された、とある。江戸時代中期に出版された『大和本草』という薬辞典で石英と水晶が取り違えられて記載された。当時は有名な蘭学者などが間違いを指摘したが、水晶と石英の意味は取り違えられた方(現在の定義)が広まり、そして、現在に至っている。
8.産業的用途など:粉末は水晶末と呼ばれ、顔料として使用される。工業的に利用される石英ガラスは、通常、天然に産出される珪砂、珪石などを溶融した後冷却し、ガラス化させたものである。耐熱性・透明度に優れ、照明・光学・理化学・半導体工業・液晶などの化学器具・光学機器に用いられる。光ファイバーにも用いられる。石英ガラスは光が約100kmまで届き、摂氏1000度を超える加熱にもほとんど伸び縮みしないからである。電子工学向けの用途では、天然に産出される水晶以外に、水熱合成法によって製造される人工水晶も用いられている。


ローズクォーツ■ROSEQUARTZ■

日本語名:紅石英、バラ石英
石言葉:真実の愛、美、魅惑、健康
誕生日石:3月16日

<鉱物データ>
1.成分・種類:クォーツの変種でピンク色のものを指す。
2.産出地:主にブラジル、マダガスカル、モザンビーク、ナミビア、インドなど。最高品質はマダガスカル産のもの。
3.色:ピンク色、帯紫ピンク色、帯灰淡ピンク色にガラス光沢
4.性質・特徴:発色は、内部に含有されたアルミニウムの他に酸化チタン、鉄、マンガンの結晶を含むためとされる。他の水晶と比べると天然の結晶はごく稀にしか見られず、また1センチほどの大きさで、希少アイテム。微細な結晶が分散しているため、大体が不透明でひび割れしているものが多い。よって、宝飾品は、カボション・カットにしたり、球形ビーズに加工される。内部にルチルが含まれているものはスター効果が出るようにカットされ、スターローズクォーツとして流通する。含浸処理オイルや樹脂を浸透させ、ヒビを目立たなくする。裏面皮膜加工透過光スターを強調し、裏面に有色の鏡面加工を施して、色のイメージをスタールビーやサファイアに近づける。照射処理無色~黄色の水晶を照射してローズクォーツの色に変える。
5.由来など:名称は見た目の色から。古代ローマでは、カメオやインタリオの細工を施した印章や装飾品が作られていた。装飾品以外では、古くから、置物や彫刻材料としての需要が高い。ヒーリングの世界では、愛情を象徴する石とされている。
 

なめらかな


【DULTON】Memo Clip メモクリップ #248-A #26746 #26742【定形外郵便送料込】cube ball corn キューブ ボール コーン メモ ポストカード オフィス 【エントリーでポイントさらに5倍】3段引 スライドレール 【LAMP】 8400-20 (レール長さ 508mm)(厚み12.7×高さ45.5mm) 【10セット/箱売り】 購入することです

牛丼&中華丼 各3食 合計6食セット 丸大食品【日本全国】ネコポス OTBT オーティービーティー Womens シューズ Vagabond Bootie Oak Leather 工芸Clarks クラークス Womens ブーツ Sashlin Ester Ankle Boot Grey Clay Suede

マカフィー リブセーフ【4年(3年+1年)セット版】 パッケージ版 Joshin web 限定商品 ※家族向け(台数無制限) スマホエントリーでP10倍1/24(木)09:59迄 五月人形 兜 コンパクト おしゃれ 収納飾り 兜収納飾り 兜飾り 【RO300K61】 兜/かぶと/おしゃれ/モダン/数量限定 購入することです

Know More

服部ななみ

{link]

Know More