越前漆器

越前漆器

越前漆器の起こりは、約1500年の昔にさかのぼるといわれています。古墳時代の末期にあたる6世紀。第26代継体天皇がまだ皇子のころ、こわれた冠の修理を片山集落(現在の福井県鯖江市片山町)の塗師に命じられました。

塗師は、冠を漆で修理するとともに黒塗りの椀を献上したところ、皇子はその見事なできばえにいたく感動し、片山集落で漆器づくりを行うよう奨励しました。これが今日の越前漆器の始まりと伝えられています。

また、越前には古くからたくさんの漆かきがいました。漆かきとは、漆の木にかき傷をつけながら漆液を採集する職人のことで、最盛期には全国の漆かきの半数を占めたといわれています。日光東照宮を建てるとき、徳川幕府は大量の漆液の採集を越前に命じたとか。越前の漆かきが、どんなに高く評価されていたかが分かります。こうした漆かきの存在も越前漆器の産地形成に大きな役割を果たしています。

この商品に関連するタグ
総合食器・キッチン用品2
材質: 木、漆塗、手塗 サイズ: 約23×1×1cm セット内容: 2膳 生産国: 日本製(Made in Japan) 備考: 木箱入
丁寧な細工がは施された高級越前箸、普段使いに、記念日のプレゼントに最適な商品です。




【ご注文確認後、メーカーへ手配し直送にてお届け致します】
ご注文確認後、1週間から10日程でのお届け予定でございます。
メーカー在庫の都合により、お届けの遅延または、お届けが出来かねる場合がございます。その場合は、メールにてご連絡をさせて頂きます。
状況によっては、勝手ながらご注文キャンセルのお願いをさせて頂く場合もございますのでご了承下さい。
■送料無料にて販売している商品につきましても北海道1200円、沖縄他離島へは2000円別途送料が掛かります。予めご了承下さい。

ひくい?

{link]

Know More