商品説明「JPS 越婢加朮湯 260錠」は、比較的体力があり、尿の量が少なく、汗をかいたり、分泌物の多い方のむくみ、関節炎、湿疹などを改善します。炎症を鎮め、水分の代謝を調整する働きがあります。本剤は漢方処方である越婢加朮湯の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい錠剤としました。医薬品。
使用上の注意●相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
むくみ、排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位症状
皮膚発疹・発赤、かゆみ
消化器吐き気、食欲不振、胃部不快感
その他発汗過多、全身脱力感
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
症状の名称症状
偽アルドステロン症、ミオパチー手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
5.本剤の服用により、まれに症状が進行することもありますので、このような場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
原産国日本
効能・効果体力中等度以上で、むくみがあり、のどが渇き、汗が出て、ときに尿量が減少するものの次の諸症:むくみ、関節のはれや痛み、関節炎、湿疹・皮膚炎、夜尿症、目のかゆみ・痛み
用法・用量次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
年齢1回量1日服用回数
成人(15歳以上)3-6錠3回
15歳未満服用しないこと
※食間とは:食後2-3時間を指します。
成分・分量18錠中
越婢加朮湯乾燥エキス2.40gを含有しています。
(日局マオウ:4.5g、日局ショウキョウ:3.0g、日局カンゾウ:2.5g、日局セッコウ:15.0g、日局タイソウ:3.0g、日局ビャクジュツ:4.5g)
上記生薬量に相当します。
添加物として、二酸化ケイ素、ケイ酸Al、CMC-Ca、トウモロコシデンプン、ステアリン酸Mg、乳糖水和物を含有します。
保管および取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)吸湿しやすいため、服用のつどビンのフタをよくしめてください。
(5)本剤は生薬(薬用の草根木皮等)を用いた製品ですので、製品により色調等が異なることがありますが、効能・効果にはかわりありません。
(6)本剤をぬれた手で扱わないでください。水分が錠剤につくと、錠剤表面が変色したり、亀裂を生じることがあります。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
製品名越婢加朮湯エキス錠
越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)/漢方薬とは比較的体力のある人で、むくみ、汗をかく傾向があり、喉が渇き、尿量が減少する場合の関節リウマチ、夜尿症、湿疹、腎炎、ネフローゼ、急性結膜炎、変形性膝関節症などに利用されます。越脾湯という浮腫に効く漢方薬に、健胃利水作用のある蒼朮または白朮を加えて作られています。漢時代の金匱要略という古典書で紹介されている処方です。
広告文責株式会社福田薬局 薬剤師:福田晃

黒い

{link]

Know More