EUによるAOP認証を受けたフランス・バスク地方のエスプレット唐辛子です。
EUによるAOP認証を受けたフランス・バスク地方のエスプレット唐辛子です。オレンジがかった赤色で、エスプレット唐辛子特有のトマトや干し草のような香り・風味、辛味、甘味が特長です。

近年、産地や製法に独自性のある食材は本物志向、安心・安全等の観点から注目されています。
EU(欧州連合)ではチーズやワインなどの農産物を保護するためにAOP※と呼ばれる制度を設け、細かい規制をして製品の保証をしてきました。日本国内においても、AOP認証された食材の認知、浸透が進んでおります。
エスプレット唐辛子(フランス語名:Piment d’Espelette(ピマンデスプレット))とは、フランス・バスク地方※の唐辛子で、美食の唐辛子とも呼ばれています。
AOP認証を受けたエスプレット唐辛子はオレンジがかった鮮やかな赤色で、粗い粉末状、辛味だけでなくトマトや干し草のような香り・風味、甘味を有しており、味に深みのある唐辛子です。
伝統的なバスク料理では、胡椒の代わりとして様々な料理の辛味付け、風味付けとして使われ、また加工肉の製造にも使用されて来ました。
現在ではバスク地方だけでなく、フランス全土でその品質が認められ、レストランを始め広く使用されています。
この度、AOP認証を受けたエスプレット唐辛子を、スパイスにこだわり続けた当社が自信を持って発売し、本物のおいしさをお届け致します。
 

?長い

{link]

Know More