サイズ:H8.6cm
素材:クリスタル(人工水晶)
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

リンジー・ローハン(1986年7月2日 - )は、アメリカ合衆国の女優、歌手。以前は「リンゼイ・ローハン」と表記されていたが、日本でのCD発売に際し、「リンジー・ローハン」に統一された(彼女の代表作『フォーチュン・クッキー』までは「リンゼイ」となっている)。
身長165cm。20才代前後の頃にアメリカで人気アイドル女優として一斉風靡したが、私生活での素行の悪さが祟りゴシップ誌の常連になり、次第に女優としての信用も美貌も失い仕事も低調になり、近年では人気が下降しゴシップ誌にすら取り上げられる機会が減り、すっかり人気が落ちてしまっている。

ローハンは、ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン(英国)の『指輪物語』などに登場する架空の国
『指輪物語』の舞台となる場所は地球で 舞台となる時代は、著者が創造した歴史上におけるアトランティス崩壊後にあたる遠い昔であると設定。
トールキンはこの背景世界に、古英語の現代語化した英語名 中つ国を設定。
物語は冥王サウロンの作った力の指輪の存在を軸に、人間、ドワーフ、魔法使 オークなど、多彩な種族を巻き込んで展開する。
中つ国全域を舞台として、世界の運命を決する指輪戦争の成り行きを辿ることになる。

一つの指輪は 「主なる指輪」、「支配する指輪」、「一つ」とも呼ばれる。
身につければ姿を消せる不思議な指輪のみならず 最大の敵役である冥王サウロンが中つ国を 支配するための手段であると同時に弱点でもある。
外見上は単純に金で作られている、事実上損なわれることはなく、鍛造された火山の亀裂に投げ込むことでしか破壊できない。
同じくサウロンが創造した下位の指輪と異なり、火で熱すると、火文字で書かれたモルドール(ゴンドールの隣にある 冥王サウロンの「黒の国」)の言葉による伝承の一節が浮かび上がる。

「草の海」と呼ばれる牧畜国 ローハン(Rohan)は、ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン(英国)の『指輪物語』などに登場する架空の国で、騎馬と騎兵で名高いゴンドールの最も重要な同盟国である。
ローハンとゴンドールの間の同盟は、第三紀の2510年に成立した。指輪戦争の時 ローハンの国土はゴンドールのおよそ三分の一であった。

第三紀1200年代
ゴンドールの王たちは ロヴァニオンに住む北国人と親密な同盟を結んだ。かれらは第一紀のエダイン三家(後のドゥーネダイン)に近い人々であった。

2000年代
自身をエオセオドと呼ぶ北国人の残りの部族は、アンドゥインの谷から闇の森の北西へ移住し、霧ふり山脈の東の破られて間もないアングマール魔王国の残滓を一掃した。
そこで、竜(巨大な爬虫類のような形をした恐ろしい 非常に長命な種族)スカサの蓄えた宝について ドワーフ(鍛冶や石工に長けた背の低い頑健な女を含む全員が髭の生えた中つ国の種族)王国との間に諍いが生じた。

2509年
ゴンドールの執政キリオンは 中つ国の北東からの人間と、モルドールからのオーク(サウロンとサルマンの破壊するだけの邪悪な兵士)の侵入に対処するための援助を エオセオドに求めた。
エオセオドの君主であるエオルはこれに応じ、ケレブラントの野の決戦で予期しない時に到着し、この加勢によってゴンドールは勝利した。
キリオンは加勢の返礼として、カレナルゾンの平原を与え、エオルは北から移住し王国を創った。カレナルゾンは本来ゴンドールの一部だったが、1636年の疫病で荒廃し、さらにオークらの侵入で生存者が減少していた。
エオルから始まる直系の第一王家は第九代の槌手王ヘルムが死ぬまで249年間続いた。

2758年
褐色人とローハンの混血のフレカの息子、ウルフに率いられた褐色人がローハンに侵入した。
槌手王ヘルムは角笛城に避難したが、王子ハレスはエドラスを守備し、その陥落の際に戦死した。
もう一人の王子ハマも角笛城から出陣して戦死し、ヘルム自身もある夜城を出たまま戻らず、朝になって立ったまま死んでいるのを発見された(第一王家の終わり)。

第二王家の始まり
ヘルムの死んだ翌春、ヘルムの甥フレアラフは馬鍬砦から出陣し、ウルフを討ち、エドラスを奪還した。ゴンドールからの救援も到着し、褐色人を駆逐した。フレアラフは第二王家を開き、第三紀末まで続いた。
この後にすぐ、ゴンドールの執政ベレンからオルサンク砦(ローハンの言葉で「狡猾な心」を意味し 高さ150メートル余 西の国ヌーメノール人の失われた技術で築かれた難攻不落の塔)の鍵を与えられた 魔法使い賢人団の長 白のサルマンが アイゼンガルド防衛砦群を引き継ぎ、強い同盟者として歓迎された。
ローハンが勢力を回復するのに200年近くかかると思われたからである。ローハンの国土に野心を抱いたサルマンは、独自の軍事力を整備し始め、さらに第18代ローハン王セオデンを衰弱させる影響力を行使し始める。

3019年
サルマンは ローハン全体の主権を主張し、紛争を開始。
王子セオドレドは サルマンに対抗するために アイゼンガルドの背後の 北の防壁メセドラス山に源を発する アイゼン川の浅瀬の合戦で戦死。
魔法使い賢人団のガンダルフとアラゴルンによって、サルマンの魔法から解放された セオデン王のローハン軍は、角笛城の合戦でサルマンの軍隊を破った。

セオデン王は、この勝利のすぐ後 守護の城郭都市 ムンドブルグへ軍を進め、ペレンノール野の合戦で 死霊魔術師(地球に害をなす)サウロン軍の包囲を破ることを助けたが、戦死した(第二王家の終わり)。

第三王家の始まり
セオデン王の妹の息子のエオメルが王位を継いだ。
エオメルは、モルドールの黒門へゴンドールの軍を進め、サウロン軍との最終決戦に参加した。支配する指輪が破壊された時、サウロンは滅びた
。 ゴンドールに王が帰還し、エオメルとゴンドールの新しい王エレスサールは同盟の誓いを新たにし、執政キリオンがエオセオドに割譲したカレナルゾンの平原を 末裔ロヒアリムへの譲渡を再確認した。


ローハン宮殿
サン タンドレ大聖堂の横に建ち、司教館として建てられました。今はボルドー市庁舎として利用されております。

1855年 パリ万博 名誉大賞受賞
精密・豪華なエッチング装飾 低いステム

入荷しました。
当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。このお品も 去年の秋に 発注したお品です。

ラベルなし。本年作から 美観上 バカラの刻印のみ。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者 バカラ
透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが ガラスに無い 深い重厚感をかもします。

1764年 当時、フランスは打ち続くナポレオン戦争の終焉冷めやらず、経済的疲弊から 復興のために、フランス東部のロレーヌ地方統主であるモンモランシー・ラバルは ガラス業界への参入を考案し、 国王のルイ15世に ガラス工場設立の認化を求めて承認され パリから約400km東にある ロレーヌ地方のバカラ村(人口約5000人の村の働き手の半分が 美の創造の担い手)に、ガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。
1817年、本格的なクリスタル制作を開始 1823年のパリ国民博覧会では そのクリスタルの透明度の高さと繊細なカットの巧みさが認められ 金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の一流人士のご愛好は 枚挙に暇がありません。
現在まで マキシム エリゼ宮など 世界の一流品の集まるところに クリスタルは バカラが 所を占めております。
今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの制作品です。完璧のポリシーのもと、その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出ししているのでも 証明されています。
















ラベルなし。本年作から 美観上 バカラの刻印のみ。

フランスの町 ローハン
1855年 パリ万博 名誉大賞受賞

低いステム 豪華なエッチング装飾

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者 バカラ
透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが 通電溶融のガラスに無い 深い重厚感をかもします。




おおきい

{link]

Know More