カメラ デジタルカメラ 暗視スコープ

商品情報

暗視スコープ 暗視スコープ カメラ デジタルカメラ FLIR 断熱チェック/メンテナンス/設備保守点検/建物検査 【TS1】
-- 上記は検索ワード --


●商品名
暗視スコープ | 赤外線サーモグラフィー(熱画像装置) コンパクトポケットサイズ スーパーファインコントラスト搭載 フリアーC2
※商品名先頭の『 | 』から左は検索用キーワードです。


●商品説明
■特長
 ・数値やラベルまで認識できる鮮明な熱画像
(スーパーファインコントラスト機能)
 ・熱画像・可視画像・画像をスナップショットボタンでJPEG保存
 ・画面の自動方向制御
 ・温度範囲は-10℃〜150℃と広範囲
 ・USB Micro-Bデータ通信
 ・・・続く


続きは商品詳細情報ページにてご確認ください。
※アプリやスマホからご覧の方は以下の「商品情報(商品説明)をもっと見る」からご確認ください。PCからご覧の方はそのまま下に読み進めてご確認ください。
※商品詳細情報ページには、重要な注意事項等の記載がございますので、ご購入前に必ずご確認ください。



■フリアーC2 [現在ご覧になっている商品]
■フリアースカウトTK






Infrared Thermography FLIR C2
赤外線サーモグラフィ
フリアーC2

ほんとにポケットサイズの赤外線サーモグラフィ。
手軽にどこへでも持ち運べる超コンパクト設計。シンプルなタッチパネル操作で スマホ感覚で効率的作業。
熱画像と可視画像を合成し、鮮明でクリアな熱画像を実現するスーパーファインコントラスト搭載。
冷暖房・空調設備から家屋の断熱チェック、電気設備のメンテナンスまでフレキシブルに活用できる。

〇製造元 : フリアーシステムズ(アメリカ)
米国に本社を置き、世界60か国以上に広がる ネットワークを持つ赤外線(熱)画像システムの先駆者的存在。

〇サイズ125×80×24mm
見やすい3インチタッチパネルスクリーン
壁の断熱チェックから分電盤の発熱箇所の確認、電気器具のホットスポットの
特定まで肉眼では見ることのできない「熱の問題」を発見

〇スーパーファインコントラスト(処理した熱画像)
赤外線を透過しないガラスですが、この熱画像ではガラスの向こう側の時計の針がはっきりと見えます。これは、熱画像上に可視画像の一部を重ねるスーパーファインコントラストテクノロジーによってのみ実現可能。スーパーファインコントラスト処理の結果、熱画像上のごく細部の対象を特定できます。





■特長
 ・数値やラベルまで認識できる鮮明な熱画像
(スーパーファインコントラスト機能)
 ・熱画像・可視画像・画像をスナップショットボタンでJPEG保存
 ・画面の自動方向制御
 ・温度範囲は-10℃〜150℃と広範囲
 ・USB Micro-Bデータ通信
 ・付属のPCソフトウェア「FLIR TOOLS」を利用し、取得データを簡単にパソコンで 管理・画像入りの詳細なレポートが作成可能

■製品保証
※製品登録後、適応となります。

■仕様
 ・熱画像解像度:80×60ピクセル
 ・温度分解能:

完全なスタイル

{link]

Know More