《メーカー補修対応》レターパック(送料\360)もOK!
大黒屋江戸木箸 縞黒檀八角削り標準サイズ、説明書き
大黒屋江戸木箸 縞黒檀八角削り標準サイズ、説明書き
大黒屋江戸木箸 縞黒檀八角削り標準サイズ、説明書き

この商品に関連するタグ
◇夫婦箸ギフト産地検索 【江戸唐木・銘木箸】▼大黒屋江戸木箸≪江戸木箸各種 (標準サイズ)
◆表示価格は夫婦箸にて、
2膳【桐箱・ギフト包装付】の単価となります。

⇒ [ ギフト対応について詳しくはこちら ]
熨斗・掛け紙についてのし掛けの際は上記の項目選択肢をお選び下さい。
特に熨斗掛けのご指定がなければ、代わりにお品書きの掛け紙をお添えし、リボンでお締めしてのギフト包装となります。
手提げ袋 購入ページへ進む▼通常(手提げ袋)はおつけしておりません。
ギフトをお手渡しの際、手提げ袋をご入用のお客様は購入ページへお進み下さい。
⇒ [ 手提げ袋購入ページ ]
のし掛けについてギフトメッセージ(一筆箋)について
line
1膳づつの単品販売について
◇(1膳単位のご購入)(任意のギフト包装組み合わせ)(簡易包装)をご希望のお客様は、単品商品購入ページへお進み下さい。
⇒ [ 単品商品購入ページ ]
レビュープレゼントについて
◇ ご購入時キャンペーンへご応募されるお客様は、商品到着後10日以内にレビューへのお書込みをお願い致します。
⇒▼レビュー書込み(10万円プレゼント♪)キャンペーン詳細☆
ご注文に際しての備考
■ ご注文明細書・領収書の発行について
(ご注文者様)とお届け先のお名前が違う場合、ギフト・進物等で贈り先様が直接お受取になる可能性がございますので、金額記載のご注文明細等は抜いての発送となります。
▼ 別途 領収書が必要な際は、ご注文時お申し付け下さいませ。

商品について
◆丸に近い八角面は、コロコロ転がる事もなく、持つ指に違和感を与えないソフトな使い心地。
全量 職人が手作業で丹念に削り上げる江戸木箸ブランド、中でも八角箸は不動の一番人気を誇るお箸です。

◇こちらは標準的なお箸に近いサイズ取りをしたスタンダードラインなり 食べ物を口の中へ入れた時、極力違和感を感じさせないよう 箸先付近は細めに仕上げられています。
【江戸木箸の補修・メンテナンスに関して】
◆東京は墨田川の程近く 下町の箸職人が作ります大黒屋江戸木箸は、補修・メンテナンスを繰り返しながら長い年月ご使用になれる上質な銘木箸となっております。

当店でお買い求め頂きました江戸木箸については、有償にて(メーカー補修・メンテナンス)のご依頼を受け付けており、ご使用の際 箸先が折れてしまった場合でも、箸先1~2センチ程度の破損であれば、若干長さは短くなりますが削り直しの補修が可能です。
経年劣化による拭き漆の塗り直しなども、下記製造元にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

江戸木箸の製造・補修につきましては(有)大黒屋がとり行っております。
▼補修期間につきましては、概ね2ヶ月程です。
(有)大黒屋 (03-3611-0163)
東京都墨田区東向島2-3-6

商品仕様
商品名:大黒屋江戸木箸 ▼縞黒檀八角削り
(ダイコクヤエドキバシ シマコクタンハッカクケズリ)
サイズ:【大】23.5cm-縞黒檀 【中】21.5cm-縞黒檀
箸タイプ: 八角銘木箸
材質: 縞黒檀(天然木)耐久性: 標準値
持ち手の太さ:
【大-標準値 最大直径(8.5mm)
【中-標準値 最大直径(8.0mm)
重量感:
【大-標準値 目安重量(18g)
【中-標準値 目安重量(15g)
塗装: 拭き漆塗
箸の形状 <持ち手=8角> <箸先=丸>
原産地呼称: 江戸木箸原産地: 東京都墨田区東向島
※漆器製品が苦手なのは(高温・乾燥・直射日光)となりますので、食器洗浄機・食器乾燥機・電子レンジのご使用はお避け下さい。
(拭き漆・蝋磨き部分のお手入れ)
拭き漆・蝋磨き部分につきましては、長期間繰り返しご使用しておりますと表面に艶や、油分が無くなって参ります。
オリーブオイル等を少量布につけて軽く拭くと、油分が木に浸透しまた艶がでて参りますので、その際は一度お試し下さい。
多少お手間はかかりますが、御自宅にて漆・蜜蝋(カルナバ蝋)等で拭き直しをされるのもお勧めです。
▼<お箸の太さ><目安重量>等は全て、1膳の平均値として表記させて頂いております。
天然木素材のお箸は、原木の生育環境・樹齢・伐採後の乾燥工程等により、必ず密度及び重量に誤差が生じます。
通常はお箸1膳単位で(±5g)程度。重量につきましては、あくまでお箸を比較する上での目安重量となりますので、ご留意の程お願い致します。

贅沢

{link]

◇夫婦箸ギフト >産地検索  >▼大黒屋江戸木箸 >≪江戸木箸各種 (標準サイズ) >▼縞黒檀 八角削り

Know More