タフコンディションの切り札的テクニックであるヘビースピナーベイトのスローロールに焦点を当て開発に着手し、世界基準のMH+(ミディアムヘビー・プラス)バーサタイルロッドとして完成を見たスーパートライアンフ。

シンプルながらも微妙なルアー操作が要求されるスローロールを集中してやり切り、そして釣り勝つためには、ルアーはもちろんロッドの性能が極めて重要になるが、そのために清水盛三デビュー当時からの長きに渡り溺愛してきたロッドが、今江克隆がつくり上げ一世を風靡した名竿、インスパイア・トライアンフであった。

自身初プロデュースとなるルアー、Dゾーンとの組み合わせで日米数多くのトーナメントを戦い
結果を叩き出してきた、清水にとってコンバットスティックヒストリーの中で思い入れの強い伝説的ロッドである。

以下のような

{link]

Know More