ワイナリーのマイスター達が 樽の熟成を テイスティング(利き酒)するため用のグラス

入荷しました。
当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。このお品も 去年の秋に 発注したお品です。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

ラベルなし。本年作から 美観上 バカラの刻印のみ。

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者 バカラ
透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが 通電溶融のガラスに無い 深い重厚感をかもします。





サイズ:830cc
素材:クリスタル(人工水晶)
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

ボルドーの北東35kmに位置するサンテミリオン(サンテミリオン地域 ユネスコ国際遺産登録)は 紀元2世紀 古代ローマ帝国により 葡萄が植えられ 4世紀には ラテン詩人アウソニウスが その実を讃歌しました。 
8世紀に ワインの醸造に適したこの地で 僧聖エミリオン達が 作るワインは 一躍 高い評価を受けました。

9世紀頃、岩を掘った修行僧エミリオンがいくつもの奇跡の遭遇からサンテミリオンの歴史は始まった。

13世紀 誕生の自治組織ジュラードは 王からワインの品質を守るため 貨幣を作ることと 死刑判決以外 絶大な権限を与えらていた。
良いワインの樽にはジュラードの焼印が押され サンテミリオンの名に値しないと 樽ごと焼き捨てられ 作り手は棒打ちの刑に処せられた。
このワインの味は、中世に盛んな スペインのサンティアゴへの 聖地巡礼者の間で 評判となり 優秀さが広められた。

サン=テミリオンは、ボルドーワインの1つ。
ドルドーニュ川右岸にあるサン=テミリオンは、ジロンド川左岸のメドック地区と双璧をなすボルドーの高級赤ワイン産地である。
カベルネ・ソーヴィニョン種主体のメドックのワインが、繊細で優雅であるのに対し、メルロとカベルネ・フラン種のブドウから作られるサンテミリオンのワインは、豊かなこくとまろやかさを持っているといわれている。
色合いは、紫味がほとんどなく、タンニンは穏やかで、木いちごのような香りがするものが多い。
サンテミリオンの土は主に石灰と粘土からできていて、味の違いを作り出す豊かな栄養を含んだ30種類以上の土壌があるといわれている。
サンテミリオンのAOCには、サンテミリオンと、サンテミリオン・グラン・クリュ(「グラン・クリュ」は特級の意)がある。
1955年に格付けがおこなわれ、後者のうちから13のシャトーが第一特別級に選ばれ、さらにその中のシャトー・オーゾンヌと、シャトー・シュヴァル・ブランが第一特別級Aに指定されている。

【2008年7月3日 AFP】フランスの裁判所は2日、フランスのボルドー地方で生産されるサンテミリオンワインについて「グラン・クリュの格付け制度の使用停止を命じた。
「サンテミリオン・グラン・クリュ」の格付けは10年ごとに改訂されるシステムで、上からプルミエ・グラン・クリュ・クラッセA、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB、グラン・クリュ・クラッセの3等級に分類される。
裁判所は、テイスティングを基に格付けを決定するというシステムが公平性を欠くと判断した。
クラッセAには、これまでにオーゾンヌ、シュヴァル・ブランの2つのシャトー以外が格付けされたことはない。
クラッセBには、アンジェリュス、クロ・フルテ、トロロン・モンドなどが名を連ねる。
グラン・クリュに格付けされたワインの価格は約30%高くなるとともに、シャトーの不動産価格にも影響する。
サンテミリオン・ワイン組合の広報担当者は、今回の命令について「深刻だ」と語った。
組合は、フランスワインの格付けを管理する原産地呼称国立研究所の判断と、農務相が控訴するかどうかを、固唾をのんで見守っている。
なお司法筋によると、控訴した場合のプロセスには約2年を要する可能性がある。
ボルドーのシャトーの多くにとって「サンテミリオン・グラン・クリュ」の格付けは必須だ。廃止なんてありえない。これからどうやってワインを売ればいいんだと嘆いた。

ワイナリーのマイスター達が 樽の熟成を テイスティング(利き酒)するため用のグラス

入荷しました。
当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。このお品も 去年の秋に 発注したお品です。

アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

ラベルなし。本年作から 美観上 バカラの刻印のみ。

クリスタル(人工水晶)

クリスタルの王者 バカラ
透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが 通電溶融のガラスに無い 深い重厚感をかもします。

当時、フランスは打ち続くナポレオン戦争の終焉冷めやらず、経済的疲弊から 復興のために、フランス東部のロレーヌ地方統主であるモンモランシー・ラバルは ガラス業界への参入を考案し、 国王のルイ15世に ガラス工場設立の認化を求めて承認され パリから約400km東にある ロレーヌ地方のバカラ村(人口約5000人の村の働き手の半分が 美の創造の担い手)に、ガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。
1817年、本格的なクリスタル制作を開始 1823年のパリ国民博覧会では そのクリスタルの透明度の高さと繊細なカットの巧みさが認められ 金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の一流人士のご愛好は 枚挙に暇がありません。
現在まで マキシム エリゼ宮など 世界の一流品の集まるところに クリスタルは バカラが 所を占めております。
今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの制作品です。完璧のポリシーのもと、その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出ししているのでも 証明されています。
【祝 敬老の日フェア 本日~9/17】

合理的な設計

{link]

Know More