数々の輝かしい戦績を持つトップトーナメントプロ福島健が求めたオールラウンドなフィネススピニングロッド、それがファクト65ULST。
現代の日本のフィールドを攻略するうえでベースとなるライトリグ系ルアーをこれ1本で幅広くカバーする対応力の高さに、トップアングラー福島ならではのこだわりを詰め込みました。 数々の輝かしい戦績を持つトップトーナメントプロ福島健が求めたオールラウンドなフィネススピニングロッド、それがファクト65ULST。
なかでも最もこだわったのがソリッドティップ部。福島曰く、その性能はラインの重さをも感じ取れるほど繊細かつ敏感。ウィード1本1本、小石1つ1つ、さらにはタフバスの消え入るようなバイト等の極微細な入力に対して負荷の分だけロッドティップが入ることで微妙な重さの違いを捉えます。
そして、細部までこだわったトータルバランスにより、ティップが捉えた情報を明確に手元に伝達。今までは感じることができなかった、あるいは半信半疑だったバスからの信号が確信へと変わります。福島が求めた感度=微妙な重さの違いを手元で感じとれること。そんな本気のトーナメントプロこだわりの1本。
とは言え、決してトーナメンターだけのために特化した扱いにくいロッドではありません。
スモラバ、ドロップショット、ジグヘッド、ネコリグ、ノーシンカー等のライトリグ全般、さらにはシャッド等の小型プラグまでカバーする、ティップからベリー&バットにかけて淀みないベンドカーブを描くシャフトが持つ幅広い対応力。
さらには情報伝達力に優れるソリッドティップが釣り人のイメージを増幅し、最先端フィネステクニックをより簡単で身近なものにしてくれます。

オールラウンドフィネス、こだわりのスピニングロッド、ファクト65ULST。

触れます

{link]

Know More