'68 Customシリーズにおいて、Twin ReverbとDeluxe Reverbの中間に位置づけられた本モデル。

2発の10” Celestion TEN 30スピーカーを搭載で出力35Wの音は、「Twin Reverbではパワー有りすぎるが、Deluxe Reverbではパワーが足りない...」そんなあなたにピッタリの「Vibrolux Reverb」!!

1968年当時の外観、銀色に輝くシルバーフェイス。68年といったらこの見た目は欠かせません。通称 ''銀パネ''がカッコよすぎます。

肝心の音色は“Vintage”チャンネルは伝統的なシルバーフェイスのトーン。とにかくクリーンの音は澄み切って綺麗、デラリバにより磨きをかけた音色に感じられます。その分歪みはヴォリュームを5以上にはあげないと歪んでこない、エフェクターで歪みを作る方にはちょうどいいかもしれません。

“Custom”チャンネルはBassmanのトーンスタックを有しています。こちらは中音域大好きな方はシビれると思います! コシのある図太いミドル、伝統的なトーンを楽しめます。チャンネルリンク機能を使えばVintageチャンネルとCustomチャンネルをミックスしてサウンドを作ることも出来ます。

ライブやスタジオでお気に入りのアンプになること間違いナシ「Vibrolux Reverb」!!

Controls: Custom Channel: Bright Switch, Volume, Treble, Bass. Vintage Channel: Bright Switch, Volume, Treble, Bass, Reverb, Speed, Intensity
Inputs: Four - (1/4", Two Custom and Two Vintage)
Channels: Two - (Custom and Vintage)
Rectifier: Solid State
Voltage: 100V JPN
Wattage: 35 Watts
Cabinet Material: Birch/Pine
Handle: Molded Plastic Strap with Nickel-Plated Caps
Front Panel: Silverface Style
Control Knobs: Vintage-Style Skirted Black Plastic
Pre Amp Tubes: 4 x 12AX7, 2 X 12AT7
Power Tubes: 2 x 6L6

FootSwitch: 2-Button Footswitch Included

くろい

{link]

Know More