ROLAND KC シリーズ
Roland KCシリーズは、圧倒的な高音質を誇るキーボード・アンプです。ミキシング機能の高い柔軟性と、優れた耐久性により、20年以上にわたり世界中のキーボーディストから絶大な信頼を得ています。新KCシリーズでは、従来の高い品質基準を継承しながら、さらなる音質の向上と出力アップをはかりました。新たに開発された、軽量で高効率なパワー・アンプとカスタム・スピーカーにより、パワフルで安定のキーボード・サウンドを再生します。スピーカーはカスタム仕様で、ウーファーとツイーターの2ウェイ方式を採用。また、ツイン・バスレフ構造のキャビネットにより、低音域に余裕のある安定した再生を実現しました。入力は標準ケーブルを基本として、マイク接続用のXLR端子やAUXにはミニステレオやピン端子も装備しており、さまざまなソースの接続が可能。2台のKCを標準ケーブル1本で接続し、PAとして使用できるステレオ・リンク機能も搭載しています。
1.世界中で使用されている高い品質と信頼性のKCシリーズがリニューアル
2.多彩な入出力端子のミキサーを装備
3.高効率で軽量な新開発のパワー・アンプを搭載
4.新開発のカスタム仕様のウーファーとツイーター
5.特許取得のツイン・バス・レフックス・デザインで歪みのない低音域の再生を実現
6.最大出力が大幅にアップ
7.ステレオ・リンク機能により、1本のケーブルで2台をステレオPAとして使用可能
●定格出力:320W(160W+160W)
●規定入力レベル(1kHz):
CH1(BALANCED、L/MONO、R):-50~-20dBu
CH2(L/MONO、R):-20dBu
CH3(L/MONO、R):-20dBu
CH4(L/MONO、R):-20dBu
AUX IN/MONITOR IN(AUX 1、AUX 2、AUX 3):-10dBu
STEREO LINK(IN):0dBu
●規定出力レベル:
LINE OUT(L/MONO、R):+4dBu
LINE OUT(BALANCED L、R):+4dBu
STEREO LINK(OUT):0dBu
●スピーカー
30cmウーファー×2
ホーン・ツィーター×2
●接続端子
CH1(BALANCED)端子:XLRタイプ
CH1(L/MONO、R)端子:標準タイプ
CH2(L/MONO、R)端子:標準タイプ
CH3(L/MONO、R)端子:標準タイプ
CH4(L/MONO、R)端子:標準タイプ

AUX IN/MONITOR IN
AUX 1(L/MONO、R)端子:標準タイプ
AUX 2(L、R)端子:RCAピン・タイプ
AUX 3(STEREO)端子:ステレオ・ミニ・タイプ
PHONES端子:ステレオ標準タイプ

STEREO LINK(IN、OUT L、OUT R)端子:標準タイプ
LINE OUT(L/MONO、R)端子:標準タイプ
LINE OUT(BALANCED L、R)端子:XLRタイプ
FOOT SW端子:TRS標準タイプ
●消費電力
98W
●付属品:取扱説明書、保証書
トップ ⇒ 現在地


ROLAND
≪ローランド≫
KC-990

キーボード用アンプ

【キーボード用アンプ】

スタイリッシュ

{link]

Know More