元祖バーサタイルロッドとして初代コンバットスティックからタクティクスへと受け継がれた名竿ウォリアーをモチーフに、ヘラクレス製法を用いてムービング(巻き物)系バーサタイルを実現したEGムービング。決して特別な使い方や特殊な曲がり方をするロッドではありませんが、そこにEGムービングの真価が隠されているのです。

対応ルアーの範囲はヘラクレスシリーズ中、トップクラス。シャロー~ミドルレンジクランクベイト、バイブレーション、スピナーベイト、バズベイト、ミノー、トップウォーター、ウェイクベイト等のハードベイト全般、さらには、小型のワーム系スイムベイト、ライト~ミドルウェイトのラバージグ、テキサスリグ、ヘビダン等の巻き系・喰わせ系スタイルのジグ・ワームもストレスなく扱うことができます。

そして、その柔軟性に富んだブランクがムービング系の釣りには欠かせない性能を最大限発揮。リトリーブ時の巻き抵抗を受けた状態から、バイトに対してさらにしなやかに曲がり込み、バスに違和感を与えず吸い込ませて乗せるというハイレベルなパフォーマンスを、よどみなく流れるようなベンドの変化でサポートします。

さらに、柔軟ながらもカーボンロッドならではの適度な張りと感度を持つブランク特性は、6フィート7インチという長さと相まって、キャストアキュラシーと遠投性能を両立。加えて、ウィードに引っかけてシャープに切る、また、水中の岩や枝等に当たった瞬間を感じとりポーズを入れる、といった食わせのキッカケをつくりだすテクニックにも、その張りと感度でしっかり対応します。もちろん、デカバスをねじ伏せるバットパワーもヘラクレス製法ならでは。

「リーリングの影響でロッドがブレないようにグリップ部をしっかり固定して構えること。それが巻き物の釣りのキモ」と語る佐藤信治はグリップの長さにもこだわりました。一方、手返し良く投げ続けるのもムービングスタイル。長すぎて取り回しが悪くならないように脇にギリギリ挟めるグリップ長に設定したことで、「連続キャスト」&「ブレを抑えて巻く」という基本動作を確実に行なうことができます。

すべてはムービング系バーサタイルを実現するために・・・「巻きの釣りには迷わずEGムービングでしょう!」

可愛い

{link]

Know More