カワハギリールに求められるハイスペックを、さらに多くのアングラーに体感していただきたいとの想いを込めたリールがStephano SSです。コアフィットボディとXドラグでコンパクトにバランスを向上させたボディは、自重160gの軽量化を達成。ギア比7.2のハイギアとX-SHIPで授けられた滑らかな回転、51mmのS-タービンハンドルによる操作性はまさに上位機種Stephano譲り。さらにキャスティングの釣りを見据えたブレーキシステムSVSがバックラッシュを防ぐ心強い味方となります。ボディフレームにはアルミを用いて剛性・耐久性をアップ。HAGANEの設計思想を色濃く反映させてタフな完成度を高めることで、だれもが最先端の釣りを体感できるようになりました。


■X-SHIP
パワー伝達効率を高めて巻き心地も向上。回転性能の心臓部であるギアシステムを一から見直し、ギアの最適設計、支持性能の向上、回転抵抗の排除をおこなうことでパワー伝達効率を向上させ、ギアフィーリング、強度、耐久性のアップを手に入れることができました。
■コアフィットボディ
誘うも掛けるも自在の操作性を高めたホールド感。通常はハンドル側に配置されるメカニカルブレーキのノブを、パーミングプレート側に移すことでコンパクト化したボディ。フィット感とバランスがアップし、カワハギ釣りにおける操作性が高まります。
■S-タービンハンドル
糸フケを出さないクラッチ操作のために。親指でスプールを押さえながら、リールシート下側から回り込ませた指でハンドルを回転させることができ、理想のクラッチON/OFF、チョイ巻きまでも可能にすることで糸フケを瞬時に解消します。
■Xドラグ
センターバランスに近付くことで巻きブレを低減。ハンドルとスタードラグの位置を従来の両軸リールの順とは逆に入れ替えることで、ハンドルをボディに近付けてセンターバランス化させました。それにより巻きブレを低減し、安定した巻上げが可能になり、カワハギのバレが激減します。
■SVS
キャストして横に探る最新テクニックに有利。バックラッシュを抑えつつ、スプール回転の敏速な立ち上がりでキャスト時の伸びをうながすシマノの遠心力ブレーキ。縦に探って反応がないときに、キャストして横に探るエキスパートが増えつつあるカワハギ釣りにおいて、今や不可欠となりつつある機能です。
■HAGANEボディ
安定した巻き心地をロープロファイルボディに。精密な内部機構を強固に支える剛性の高いHAGANEボディを採用。不意の衝撃に耐え、たわみを最小限に抑えることで巻上げる力を確実に伝え、ロープロファイルボディでありながら、金属丸形リールのような安定した巻き心地を得ています。

価格

{link]

Know More