バカラの主幹デザイナー Thomas Bastide トーマ・バスティードによる、バカラの偉大な伝統と秘密のノウハウが共鳴するデザイン。力強いカットとクリスタルの重厚感が男性的な従来のアルクールに対し、細いステムにチューリップの花がさいたような女性的で繊細な印象をもつ「EVE」は、アルクールの新しいシリーズです。
バカラを代表するシリーズとして広く知られているアルクールは、1825年にアルクール侯爵のために作られたもの。特にワイングラスはそのシェイプがキリスト教の聖餐杯に似ていることから、1917年にローマ法王ベネディクト15世の意向により、バチカンで使用されることになったという歴史を持っています。
「バカラ 商品のご購入に関するお願い」
以前より、一部の商品を除き、商品に貼られておりましたBaccaratのシールは、近年の生産品には貼られておりません。つきましては、当社からのお届け品にはシール有と無の商品が混在しております。またオールドファッションなどペアボックスへ移行しておりますため単品でのご購入の場合はブランドボックスが付属いたしません。予めご了承くださいませ。ブランドボックスの有無についてはサイズ表記の下にブランドBOX付きと表示がございますのでご確認ください。
※カラーグラスにつきましては、色の濃淡に個体差がございます。
クリスタルと言えばバカラを思い出すほど、世界的に有名なフランスのクリスタルメーカー。
パリから約400km東にあるロレーヌ地方のバカラ村に、1764年、ルイ15世の認可を受けてガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。1817年、本格的なクリスタル製造を開始し、1823年のパリ国民博覧会ではその透明度の高さと繊細なカットが認められ金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の王侯貴族たちに愛用されてきました。
今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの製品だとか。「完璧を維持する」というポリシーのもと、高品質で透明感のある手づくりクリスタルを製造。その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出したことでも証明されています。また完成に至るまでの段階で多くの製品を排除するなどチェックの厳しさも、その美しさを支えているのです。
計算され尽くしたバランスの美しさと、力強さから、荘重な雰囲気を感じさせます。
バカラの中で最も古い作品であるアルクールは、アイコニック(象徴的)なデザインで知られています。1825年アルクール公爵家の婚礼のために『遠征に持ち歩くことのできる堅固かつエレガントなグラス』というコンセプトのもとデザインの原型が作られました。
側面のフラットカット模様と六角形の底という構築的なフォルムが特徴で、重み、なめらかさ、また琥珀色のアルコールを注いだときの美しさなど、すべてにおいて素晴らしいと人気の高い逸品です。

ギフト対応ラッピング選択可のし記名可名入れ対応商品

商品詳細
ブランドバカラ(フランス)
シリーズアルクール
アイテム赤ワイン・白ワイン兼用グラス
サイズ口径9×横幅9.5×奥行き9.5×高さ18cm
金額詳細
価格
21,427円(税込)
ブランドオリジナルのお箱つき。
※商品名にプレート立て付などの表記がない場合は、付属品は別売となります。
※商品の価格は実店舗と異なる場合があります。
※販売価格は予告なく変更される場合がございます。




関連キーワード:
バカラ Baccarat お祝い ギフト アルクール ワイングラス 兼用 食器 おしゃれ ブランド エッチング 名入れ

超低価格

{link]

Know More