この商品に関連するタグ
器(食器・ほか)ベビー食器
お買上げ10,000円(税別)以上で送料無料!





<ティファニー>
1837年9月18日にチャールズ・ルイス・ティファニー(en)とジョン・B・ヤングの二人は、ティファニーの前身であるティファニー・アンド・ヤングという会社を設立しました。
一番初めの店はニューヨークのブロードウェイ259番地におかれ、この店は当時一般的な時価でなく、「各商品に値札をつけ値引き交渉に応じない」という当時としては革命的なポリシーを貫いて、文房具や装飾品などを扱っていました。
1848年フランスでの二月革命発生に伴い、貴族から重要な宝石を買い入れ、宝石事業に進出し、この事業が大成功し、アメリカ第一の宝石商という現在の地位に繋がるのでした。
1851年にニューヨークの銀細工師、ジョン・C・ムーアの事業を買収し銀製品製造を開始し、アメリカ企業としては初めてスターリングシルバー基準を適用しました。
1853年、チャールズ・ルイス・ティファニーは会社の全権を握り、社名を今の、Tiffany & Co.に改称し、そして本店の入り口にはギリシア神話の巨人、アトラースに支えられた大時計が設置されティファニーブルーと呼ばれるカンパニーカラーを初めて使用しました。以降時計事業にも進出し、スイスに工場を設立するのです。
1877年に南アフリカのキンバリーで発見された287.42カラットのイエロー・ダイヤモンドの原石を1878年18000ドルで購入、Dr.ジョージ・フレデリック・クンツにカットさせ、このダイヤは128.54カラットの有名な「ティファニー・ダイヤモンド」として本店に展示されているのです。
1886年ダイヤモンドが最も美しく輝くセッティング(石留め)としてティファニーセッティングをデザイン。ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを6本の細い爪で支える立て爪のセッティングで、これは現在のエンゲージメントリングなどで主流とされている代表的なものなのです。
本店は1940年にニューヨークの5番街・57丁目に移転しました。
この店はオードリー・ヘプバーンが主演した映画『ティファニーで朝食を』のおかげで観光名所の一つとなっているのです。



エルサ・ペレッティがデザインしたアップル フィーティングスプーン。

Born with a silver spoon in one's mouth.
これは「銀のスプーンをくわえて生まれてくる」というヨーロッパのことわざで、食べ物に困らない生まれながらにして財産を持っているなどという意味があります。

将来お金に困らない裕福な生活ができる様にとの願いを込められています。ヨーロッパではそんな願いを込めて赤ちゃんに誕生のお祝いとして銀のスプーンを贈る習慣があるのです。

・純銀(純度92.5%)

・気にならない程度の小キズ、スリ傷が少々あります

・サイズ:長さ 15.7cm

原材料の選定

{link]

Know More