バッチフラワーレメディ 日本国内正規品 ノンアルコール フラワーエッセンス バッチフラワー レスキューレメディ
商品説明■ バッチフラワー レメディ ミムラス とは


■こんな状態のペットにおすすめ
怖がりで臆病、特定のモノ、人を怖がるときに

■内容量・サイズ・原産国・区分
10ml/直径20*高さ78(mm) /イギリス/健康食品

■原材料
ミムラス、水、グリセリン

■使い方
1.飲み水やえさなどに、ペットの状態に合わせて選んだもの(6~7種類まで)を、2滴ずつ入れる。レスキューレメディの場合は4滴入れて飲ませる。
2.同じ状態が続いたり、レメディのにおいをペットが嫌がる場合、トリートメントボトルを作る。30mlのスポイト付の遮光ボトルに、ミネラルウォーターを入れ、選んだレメディ(6~7種類まで)を、2滴ずつ、レスキューレメディの場合は4滴入れる。トリートメントボトルから、1回4滴を1日4回以上あげ、冷蔵庫に保管、できるだけ早く使い切る。
3.レメディは、口に直接たらしてあげるか、(スポイトの先が口についたり、かじったりしないよう気をつける。)飲み水やえさに混ぜる。レメディを飲み水に入れる時、一度に飲みきらない場合、多めに入れる。ペットが好きな食べ物やおやつに垂らしてあげてもよい。
4.レメディを直接とることを嫌がる場合、ペットがよくなめる箇所に塗るか、唇、鼻、肉球、耳の後ろなどに塗ったり、トリートメントボトルと同じ物をスプレー容器で作り、吹きかけたり、自分の手にふきかけてマッサージをしてあげるとよい。

バッチフラワー 製品をアンシェルでお買い上げの方に、 バッチ フラワー 選びに便利な バッチフラワー のカタログをもれなくプレゼント!!
バッチ フラワー の花の指標の他に、 バッチフラワー の使い方も掲載していて大変便利なカタログです。
ジャンル フラワーエッセンス
ブランドバッチフラワーレメディ
シリーズバッチフラワーレメディ
広告文責アンズ株式会社 (03-6805-6862)
輸入者名株式会社プルナマインターナショナル
メーカー名バッチフラワーレメディ

カテゴリトップ >  フラワーエッセンス  > ペットのためのフラワーエッセンス
カテゴリトップ >  フラワーエッセンス  > ペットのためのフラワーエッセンス > バッチフラワーレメディ


初めての フラワーエッセンス : フラワーエッセンス って何?、 フラワーエッセンス が初めての人はぜひご覧になってください。
フラワーエッセンス 選び方 & 使い方 : フラワーエッセンス の種類から フラワーエッセンス の4つの選び方や フラワーエッセンス の一般的な使い方をご案内しています。


賞味期限別途商品ラベルに記載
保存方法直射日光を避け、常温で保存してください。



◆ ペットのための フラワーエッセンス シリーズ一覧
ア行・カ行・サ行 バッチフラワー レメディ タ行・ナ行・ハ行 バッチフラワー レメディ マ行・ヤ行・ラ行 バッチフラワー レメディ スピリットインネイチャー ヒーリングハーブス
その他のペット向け フラワーエッセンス 関連書籍 動物をケアするための フラワーエッセンス 動物を治療する人のための フラワーエッセンス 飼い主と動物が一緒に摂る フラワーエッセンス
動物の緊急時におすすめの フラワーエッセンス 動物のトレーニングにおすすめの フラワーエッセンス 落ち着きのない動物におすすめの フラワーエッセンス 触れられるのを嫌がるペットにおすすめの フラワーエッセンス 元気がない動物におすすめの フラワーエッセンス
いつも怯えている動物におすすめの フラワーエッセンス よく吠えて攻撃的な動物におすすめの フラワーエッセンス 動物が新しい仲間や環境になれるために 動物の妊娠や出産、育児のサポートに 動物のショックからの回復におすすめの フラワーエッセンス
闘病中の動物におすすめの フラワーエッセンス ペットの深い悲しみを癒すのにおすすめの フラワーエッセンス 動物の死期が近づいているときにおすすめの フラワーエッセンス 寝床や居場所の浄化におすすめの フラワーエッセンス 睡眠のためにおすすめの フラワーエッセンス
プロテクションのエネルギーがほしい時に 旅行の時、車に乗せるときにおすすめの フラワーエッセンス      

バッチフラワーレメディ 「 バッチ フラワーレメディ ミムラス ノンアルコール グリセリン ベース 」の通販なら、アンシェルで。
レスキュー レメディ は、世界でもっともよく使われている人気の高い レメディ です。緊急時のために5つの バッチフラワーレメディ を混合して作られています。

■注意事項
バッチフラワーレメディ は薬ではありません。病気や特定の症状に対しては獣医の診断をあおぐようにしてください。
ペット は気持ちを表すのに、吠える、うなる、噛み付くなどの行動をとることがよくあります。その場合、様々な感情が考えられ、あらゆるレメディがあてはまるので、レメディの選択に注意と観察が必要です。
ペット の状態には、飼い主との関係が表れることがよくあります。飼い主の状態や、家族関係、過去の履歴も含めて状況を把握し、飼い主も必要に応じて レメディ をとることで ペット の状態や家族全体のバランスがとれやすくなります。

饭田のり

{link]

Know More